1. Hot: In this folder, put anything you need to address in the next few days, such as background on a new client project that you need to review or a coupon that you don’t want to forget for an upcoming oil change.

2. Bills: In this folder, put any bills that you receive in the mail, or which you receive via email but want to retain a paper copy.

3. To Review: In this folder, put anything that you don’t need to deal with right now, but that you do need to process eventually, such as a tax receipt that needs to be entered or a magazine that you want to read.

4. Inspiration: In this folder, put anything that inspires you and which you don’t want to lose. Interviews with other creatives you admire. Ideas that may some day mature into new projects. Ads for vacations you may want to take someday. As creatives, it’s important to gather the stuff that inspires us, and review these periodically.

だから、エンジニアのみなさま、もし非エンジニアから「できる?」と聞かれたら、可能なときには、例えばこんな風に答えてみてください。

「時期によりますね。それと、技術的には可能だと思うのですが、それも調べてみないとなんとも……とりあえずissueに入れておけますか? 調べた後でコメントするので」

「仮想」という言葉が、「存在しない」という否定っぽい語感なのに対して、「virtual」本来の意味は「実質上(は、これだ)」という肯定っぽい意味だからどうもギャップがある。


「virtual reality」にしても、これを「仮想現実」と訳すと、「現実とは違う嘘の空間」のように思えてしまうが、「virtual reality」本来の意味としては「現実そのものではないが実質上は現実とみなせる空間」だ。

ここに取り上げたパフォーマンス カウンタは、一般的なシステム状況のチェック、およびパフォーマンス基準との比較判断に役立ちます。これらのパフォーマンス カウンタを約 60 分間実行して、1 分から 3 分の更新間隔を取ります (この間隔は、カウンタ ログの [プロパティ] パネル、またはパフォーマンス設定パネルおよび画面で設定します)。

;ウィンドウを透明化する/解除
#Y::
WinGet, tp, Transparent, A
If tp =
Winset, Transparent, 200, A
else
Winset, Transparent, OFF, A
return

;透明度を指定する
+#Y::
WinGet, itp, Transparent, A
InputBox, itp, 透明度を変更(0~255), , , 200, 110„ , , , %itp%
If ErrorLevel = 1
return
else
WinSet, Transparent, %itp%, A
return

個人依存の記号は使わない

よくあるパターンが、アジェンダや議事録でその人ルールの記号がでてくる場合です。

☆本日のアジェンダ

【議題1】次期プロジェクトについて

<決議事項>
・プロジェクトメンバー
・予算
・リリーススケジュール

恐らくこういったテキストを目にしたことがある方は多くいるのではないでしょうか。テキストを書いた本人にしかわからない、謎の記号であふれています。

たちがわるい場合は、アジェンダや議事録によって記号の意味が変わります。こういった訳のわからない独自ルールを使わせないという意味でも、Markdown化する意味はあると思います。